収入を増やす為に、不動産投資を始めてみましょう

副業として

賃貸経営が本業から副業へ

日本においては戦後から住宅の不足する時期が続いていました、そのため、賃貸業界は貸し手市場という状況が続き、資産のある人は賃貸物件を所有してその賃貸管理を行っていれば生活が十分に裕福なものとなっていました。 しかし、時代の変遷とともに人々が裕福になり、マイホームブームの到来によって持ち家の人が増えてきました。これにより賃貸業界は借り手市場になったため、賃貸管理のみを行って裕福な生活をしていくのはよほどの資産家でなければ難しい状況になってきています。 こういった傾向から、賃貸管理業務を一部あるいは全面的に専門業者に委託してしまって副業を行ったり、副業として賃貸経営を行うという傾向が強まってきています。

賃貸経営と管理委託のトレンド

トレンドとして賃貸経営を副業として資産を増やそうとする動きが強まっています。借り手市場となっている今日においても新しい物件や最新の設備が導入された物件のみに着目すればまだ貸し手市場という状況があるため、賃貸経営によって利益をあげていくことはそれほど難しくはないからです。 一方で、賃貸管理に大きな労力がかかることから多くの管理業務を委託する傾向が強まっています。一括借り上げを依頼するケースも増えてきており、より負担の少ない賃貸経営を目指す傾向が強まっています。 こういった投資としての賃貸経営と賃貸管理の委託という組み合わせは今後も続くトレンドとなるでしょう。余剰の資産を活用する方法として不動産を手に入れることは有用であり、その有効活用法の代表的なものが賃貸経営だからです。