収入を増やす為に、不動産投資を始めてみましょう

メリットがある

賃貸物件と一括での借り上げについて

企業などにおいて社員寮や社宅を用意する場合、以前では自社で不動産物件を保有し、社員に提供することが一般的であった。 しかし、不動産物件を保持する場合には、その維持費が必要になるため、コスト的な負担が大きくなる。そこで活用されてきているのが、賃貸物件の一括借り上げである。一括借り上げでは、企業などがマンションやアパートを1棟貸し切るというものとなる。 賃貸物件を提供する側としては、空室の心配なく不動産物件を貸し出すことができるメリットがある。賃貸物件の運用では、空室を発生させないために様々な対策が必要になるが、一括借り上げではその対策が不要となる。また、一括借り上げする企業としても、不動産物件を保持する必要がなく、双方のメリットが大きく利用が増えている。

一括借り上げとその利用について

社宅などで一括借り上げを行う場合には、既に存在している物件を不動産会社などと一括借り上げの契約を行う場合と、新規で建設時から一括借り上げの契約を行い、長期にわたり借り上げる方法の大きく2つある。 既存の物件では、不動産会社などとの間で、法人契約を結び、社員寮や社宅として借り上げを行うことになる。 また、新規建設時やアパートなどのリフォームを機に、企業と法人契約を結び一括借り上げとして、企業に貸し出しが行われるケースもある。この場合には、社員寮としての利用を想定して、建物を建てたりリフォームが行われるケースがある。 これらのサービスの利用では、不動産会社などの法人窓口で依頼することで、契約を結ぶことができる。